宮古島の観光スポット・・・史跡

宮古島情報ホーム 東平安名崎 池間大橋 来間大橋 竜宮城展望台

宮古島の観光スポット … 史跡

人頭税石(にんとうぜいせき)

人頭税石 人頭税とは貧富によらず、人を単位として賦課・徴集される税制のことで、1906年に薩摩の琉球侵攻により琉球王府が1637〜1903年まで課した。
年齢(15歳〜50歳)によって対象となっていた時期(1710年〜)があるが、それ以前には背丈がこの石の高さ(143p)を越えると対象にされたといわれる。

「ぶばかり石(賦測石)」ともいわれる。

漲水御嶽(はりみずうたき)

漲水御嶽


宮古創世の神話にでてくる

「古意角(こいつの)」
  と
「姑意玉(こいだま)」

の男女2神がまつられている御嶽。

久松五勇士顕彰碑

久松五勇士顕彰碑

日露戦争時、
近海をロシアのバルチック艦隊が北上するのを漁民が発見した。

電信施設のある大本営に知らせるため、
久松の漁師5人が石垣島までサバニ(くり舟)で渡った。

その功績をたたえたもの。


Copyright © 2000-2012 宮古島情報 All rights reserved